ここから本文です。

ニュースリリース

2018年5月25日

『GDPR(EU一般データ保護規則)ガイドブック』を踏まえた診断サービス提供開始のお知らせ

株式会社フィスコIR(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤元紀、「以下、フィスコIR」http://www.fisco-ir.co.jp)は、株式会社実業之日本社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩野裕一、「以下、実業之日本社」http://www.j-n.co.jp)より刊行された、足立照嘉、ヘルマン・グンプ著『GDPR(EU一般データ保護規則)ガイドブック』を踏まえ、GDPRのガイドラインへの診断サービスを2018年7月1日より開始することをお知らせします(本書の詳細はこちら)。

GDPRは、EUを含む欧州経済領域(EEA)内で取得した個人情報を企業等が処理したり域外に移転したりする場合、厳格な管理、セキュリティ対策、訂正・削除要請対応等を義務付け、違反した企業には巨額の制裁金が科される規則です。この規則は、EEAに拠点がなくても、EEA在住の個人情報を扱う場合にも適用されます。

2016年5月のGDPR制定以来、フィスコIRでは、本規則の企業経営へのインパクトを検討してきましたが、本日5月25日に本規則が行政罰を含めて適用開始されるのを受け、本書を刊行するに至りました。刊行にあたっては、弊社COOでフィスコフィナンシャルレビュー編集長の中川博貴が、企業経営へのインパクトという観点で全面協力しております。

我が国における個人情報保護法の制定以来、個人情報の取り扱いが企業経営にとって重要な要素となり、その扱い方ひとつで企業価値が大きく毀損される事例も増えています。弊社では、GDPRの適用開始が、単にグローバル企業の欧州における義務対応ではなく、個人情報を適切に処理・管理することが企業への信頼、ひいては企業価値の向上を促す契機になると考えております。

フィスコIRでは、今後、GDPRへの対応を通じ、個人情報対応をいかに企業価値向上につなげるか、企業の皆様と本質的議論を深める場を提供したいと考えております。

今後提供を予定しているサービスメニュー

  • 企業内セミナー(社内啓発活動支援)
  • 個人情報取り扱い通知文作成
  • アニュアルレポート(統合報告書)における個人情報取り扱い方針の開示、PR支援
  • 個人情報漏えい時の開示・問い合わせ対応のサポート
  • 施行後の詳細動向の情報提供

なお、本書及びGDPRに関し、ご質問等がございましたら、下記までご連絡下さい。

本件に関する問い合わせ先

株式会社フィスコIR
経営企画室:川名
TEL:03-5774-2355

【株式会社フィスコIRの概要】 
会社名 :株式会社フィスコIR http://www.fisco-ir.co.jp/
所在地 :東京都港区南青山五丁目4番30号 
設立日 :1968年08月09日 
資本金 :89,502,215円(2015年5月11日現在) 
代表者 :代表取締役社長 佐藤 元紀 
事業内容:IR実務支援サービスの提供